今すぐチェック!

ろうそくの作り方

今、ちょっとしたブームになっているのが、自作ろうそくになります。従来の蝋燭と言うと、白い棒状の味気ない物の印象が強いですが、近年では果実型などにしてお洒落に作るのが流行っています。

【1年保証】蝋製 LEDキャンドルライト 3本+リモコンセット タイマー/点灯モード切替/明るさ切替 LED キャンドルライト[S/M/L各1本・同3本] LED キャンドル キャンドルライト LEDキャンドル 蝋燭 蝋 ろうそく ロウ 電池式 乾電池 おしゃれ[あす楽]

キャンドルと言った方が、イメージとして伝わりやすいでしょうか。ろうそくなんて作るの危険じゃないかと思われるかもしれませんが、火を灯していないのであれば、作る事自体は子供でも可能なくらいです。

用意する物は、仏具用蝋燭(原材料が同じなら仏具用でなくても構いません)、空き瓶やグラス(型になります)、タコ糸、割り箸です。
作り方は簡単です。

まず割り箸を好きな長さに折り、中央部分にタコ糸を結びます。仏具用蝋燭はフライパンや鍋に入れて、加熱します。

すると液状化しますが、この時、元々の芯の部分は取り除きましょう。液状化した物を、型にしたい空き瓶やグラスに注ぎます。

先に作ったタコ糸を液状化したろうを入れた型の中に底まで届くように垂らし、割り箸を瓶の口に置きます。しばらくすると液状化したろうが固まります。これで完成になります。後は好きにデザインしましょう。

ロウソクの作り方

近年ブームになりつつあるのが、自作のろうそく作りです。蝋燭と言うと、実務的な灯をともすだけの物をイメージしがちです。

しかし、キャンドル作りと言うと途端にお洒落な印象に早変わりです。キャンドルの作り方は、チョコレートの作り方に良く似ていて、造作の自由度が高い為に女性にも人気があります。

作り方自体もとても簡単です。まず必要な量のろうそくを用意します。
そちらをフライパンなどで加熱して溶かします。

透明な液体になりますので、それを好みの型(グラスや空き瓶などが最適です)に流し込み、後は冷えて固まるのを待つだけです。

オーソドックスな作り方としては、これでキャンドルが出来てしまいます。しかし、果実のような型にしたり、固まったろうそくから容器を外せるようにしておけば、削って形を整えたりガラス玉やビーズを埋め込んだりと言った工夫をする事もできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加