今すぐチェック!

ローソク温泉

ろうそく温泉と言う場所があります。正確には、湯之島ラジウム鉱泉保養所と言います。

今、温泉ファンの間で人気沸騰中です。こちらは岐阜県の中津川市にあります。ろうそく温泉の名前の由来は、俗化させない為に昭和58年の秋までろうそくの灯をともしていた事が由来になります。

元々は、大正13年に名大医学部教授だった林直助博士が、ラジウム開発研究がされました。その後、日本屈指のラジウム泉となり、昭和20年に開業しました。

また、鉱泉自体の歴史も古く、武田信玄に追われた落ち武者がこの鉱泉で傷を癒したと言う逸話もあるようです。温泉自体もラジウム泉でとても良い効能がありますが、近辺に散歩道があり軽い運動ができたり、温泉所有の農園があって、そこで作られた無農薬野菜を食べる事ができるなど、温泉以外にも楽しめる要素が幾つもあります。

料金面もそれほど高額ではありませんので、社員旅行や家族旅行に是非利用して欲しい温泉になります。

ろうそく夜

ろうそく夜は、生活道具と喫茶店になります。喫茶店と言っても実店舗があるのではなく、イベント等に参加されているようです。

いわゆる、おうちカフェと言う物のようです。最近では、saviesavie主催の秋に行われた台所喫茶店にも参加されたようです。

ろうそくの夜は、近日は特に多くのイベントに参加されているようで、知名度も上がっています。食べ物としてはチーズケーキやかき氷、スコーン、マフィンなどを注文できるようです。

ろうそくの夜は基本的にまったりできる空間を基礎に、レトロチックなデザインが特徴的です。また、ランチを注文した人の感想でも、ランチ自体の他に出された道具も非常に好評なようです。

木製のスプーンや豆しぼりのおしぼりなど、見た目と使いやすさが両立されています。隠れファンがかなり多いのが特徴ですが、場合によっては予約が必要な時もありますので、興味がある場合には、まず連絡を取ってからの方が良いでしょう。


JTB 海外旅行予約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加