今すぐチェック!

介護食士

日本では高齢者の数が年々増加しており高齢化社会になっています。今後も日本の人口の3人に1人は高齢者になると言われているほど高齢者の国になると予想されています。

そこで、介護の仕事などが再度見直されており、介護の中でも専門分野の資格ができています。介護するなかでも、重要な部分を占める食の部分で注目されている資格の1つに介護食士という資格があります。

介護食士には、1級から3級まである民間の資格となっています。1級と2級は調理師や栄養士の実務経験が必要なため、資格のステップアップとしても介護食士は注目されているのです。

介護食士は、高齢者の介護の程度や障害の程度によって、どのような食事が良いのかなどを専門的に考えて提供することができる資格になります。今後の介護施設でも注目されると期待されている資格なので、現在働かれている調理師や栄養士の方や、今後介護に携わりたいという方、親の介護でおいしくて安全な食事を食べさせてあげたいと考えている方はぜひチェックしてみてください。


教えて!goo × 介護の相談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加