今すぐチェック!

介護食 資格

日本は少子高齢の社会となっています。そこでこれからの日本の社会で重要とされている職種のなかに介護があります。

介護と一言で言っても、さまざまなことがあります。さまざまな介護のなかでも、重要となっているのが食事の部分になります。

そこで、最近になり介護食の資格ができており注目されています。


介護の資格としては、介護食士という資格があります。この介護食士という資格は、全国調理職業訓練協会が主催・認定している民間の資格となっています。

日常の食事から介護用の食事、病気の状態や介護の状態によってどのような食事が適しているのか、介護用の食事についての技術などを学びます。
1級から3級まであり、2級以上は栄養士や調理師としての実務経験が必要となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加