今すぐチェック!

偏頭痛 原因

偏頭痛の原因は現代医療でもこれが原因というのは見つかっていません。ですので偏頭痛の原因はすべて多分これだろうと言う仮説になります。
その上で今有力な偏頭痛の原因と言われているのが頭の血管が天候や気温などで収縮・拡張することによって神経を刺激すると言う説です。

また血管内は年齢と共に脂などが溜まってしまい血液の流れが悪くなったりします。そのため血液のたまり場ができ神経を圧迫して頭痛になったりします。

偏頭痛 吐き気

偏頭痛は吐き気を伴うことがあります。偏頭痛のメカニズムが解明されていないので、なぜ吐き気が起こるのかはっきりした理由は不明ですが、一般的には血管が拡張した時にその周辺の神経を圧迫するために脳が異常を感じて頭痛による吐き気が起きると言われています。

そのため偏頭痛で吐き気が起こった時に対処する方法で確実な方法はありません。なので頭痛から吐き気にならないように予防することが非常に重要です。

ストレス 偏頭痛

ストレスをためると偏頭痛が起きやすくなります。これはホルモンバランスが崩れるためで、これによってセロトニンが大量に発生してしまうためです。セロトニンが大量に血管内にあると血管を拡張してしまい、脳内の神経系を圧迫してしまい頭痛になる可能性があります。これがストレスによって片頭痛が起きる仕組みと言われています。

偏頭痛 ツボ

偏頭痛 ツボによって改善する方法があります。これは筋肉の硬直などによって血液の流れが悪くなるのを予防する効果があります。そのためツボを押したから偏頭痛が改善されたのではなく、ツボを押すことによって筋肉がほぐされ血流がよくなった結果頭痛が改善されます。

パソコン等を仕事にしている人はこのツボの効果は非常に効果があるといわれていますが、身体が資本の仕事をしている人にはあまり効果はないと言われています。

偏頭痛 薬

偏頭痛の改善には薬で改善をするのが一般的です。現代医学では偏頭痛の原因は解明されていないため、薬物療法と言っても血液をサラサラにする薬や血管の拡張や収縮を防ぐ薬などがメインです。また市販の偏頭痛の薬だと鎮痛作用といって脳内で起こっている炎症を沈める薬が頭痛薬のメインになっています。

このような現状から偏頭痛の薬は頭痛の起こり始めに飲んで血流を改善したり、炎症を鎮めて頭痛の症状をやわらげます。

頭痛 和らげる

頭痛を和らげる方法は現代医療では、薬による血管の収縮を防ぎつつ炎症を沈めるのが頭痛を和らげるメインになっています。そのため副作用が気になる人も多いです。実際に人によっては頭痛薬の副作用として腎障害や肝機能障害、髄膜炎、喘息、アナフィラキシーショックなどが発生する人も少なくないです。

そのため、頭痛を和らげる方法として最近ではサプリメントを使用している人も増えています。サプリメントの特徴は副作用がないのが最大のメリットでしかも常用しても薬物乱用頭痛と言われる頭痛にならないです。

また費用も病院でお薬を貰ったり市販の薬を購入するよりも格安なのでかなりお手軽です。


1日たった5粒!
頭痛で悩むのやめませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加