今すぐチェック!

冷え性

冷え性とは寒いわけではないのに手足が冷え暖かく感じないことです。この症状は女性に多く抹消神経の血行不良だったりホルモンバランスが乱れたりするとひどくなります。また更年期になるとより顕著に出現したりします。

この症状は女性特有だと思っているかたも多いですが、実は男性も悩んでいる人は多いです。女性は皮下脂肪のために熱を通しにくくて症状が出るのですが、男性の場合は筋肉より脂肪が多いと熱を通しくくなるのために発症します。

また最近では夏場で冷房によって冷えてしまうこともあります。外で汗をかいて冷房に当たると汗が冷えてしまって体内の熱を奪うためです。

冷え性 症状

冷え性の症状として顔色が悪い、耳が赤い、鼻血が出やすい、風邪をひきやすい、汗かき、汗をほぼかかない、眠りが浅い、皮膚が荒れやすい、首まわりが寒い、二の腕が冷たい、みみなりがする、手の先が冷たい、足の先が冷たい、生理不順がある、下痢や便秘をしやすい等の症状があります。

特に心臓と末端の温度差があるほど症状は強く出るので、上半身だけ汗をかく人や暑がりと思っている人は下半身の冷えに鈍感になっている可能性があるので注意しましょう。

これらの症状から肌荒れや生理痛、頭痛、めまい、身体がだるい、安眠できないなどの症状に発展します。

冷え性 改善法

冷え性の改善法は頭寒足熱です。これは心臓に近い場所と末端の温度差をできるだけなくそうというものです。

冷えは中枢と末端の温度差が激しいほど症状がでるので、末端にあたる足を温めるのが一番の改善法になります。また半身浴をおこないぬるめのお湯で30分以上入るのも改善するのに役立ちます。

そして運動をして下半身に筋肉をつけることで血流量と熱の伝達は早くなるので、ウォーキングを毎日取り入れて筋肉量を増やしましょう。

それでも改善が見られない場合は身体の内部から温めるのもひとつの手です。生姜湯などは身体の中から全身を温めてくれるのでおすすめできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加