今すぐチェック!

妊婦検診

妊婦健診は毎回行う検査と必要時に行う検査の二種類があります。毎回する検査は尿検査、体重測定、血圧測定です。

必要時に行う検査は子宮がん検診、膣分泌物検査、経口ブドウ糖負荷試験検査、保険相談、子宮頸管長測定、ノンストレステスト、骨盤X線検査です。

妊婦健診は初期は1~2週間毎に妊婦健診がありますが3ヶ月~6ヶ月くらいになると1ヶ月に一回程度になります。6ヶ月~臨月になると一週間に一回くらいになり予定日を超えると一週間に二回くらいです。

ですが臨月はいつ生まれてもよい状態なので出血やお腹の張り、痛みを感じたらすぐに検診に行きましょう。

妊婦 血圧

妊婦の時の血圧は基本的に130/85くらいと規定があります。これが高くなると妊娠高血圧症候群と呼ばれます。

妊娠高血圧症候群が出始めるのは妊娠中期くらいからと言われています。だいたい妊娠中の人の5%くらいは発症します。

妊娠高血圧症候群は以前は妊娠中毒症と呼ばれ体内の赤ちゃんに血管と通して栄養がいきづらくなる症状です。そのため赤ちゃんの健康状態に直接影響するので、妊娠高血圧症候群にならないように食生活や生活習慣を整えることが必要になります。

妊婦 食事

妊娠中はストレスを感じない程度に食事に気を使ったほうが赤ちゃんが健やかに育ちます。ですがいくら良いものだからと言って過度に食事を変えるとストレスを感じてしまい赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼすのでストレスを感じない程度に規則正しい食事をしましょう。

妊婦の頃に摂取しないほうが良いものとしてカフェインが挙げられます。カフェインは赤ちゃんの中枢神経を刺激したり発育が遅くなったりする危険性があります。

ですが一日3杯くらいなら問題ないとの発表もありますのでコーヒー好きの人は完全に断つ必要はないです。

またアルコールや生レバー、マグロ、赤身の魚も過剰摂取することによって赤ちゃんに悪影響がでますので適度な摂取を心がけましょう。

妊婦の頃にしっかり摂取するべきものはカルシウムや葉酸は通常の食事でも不足しがちになるのでしっかり摂取しましょう。そうすることで赤ちゃんが健康に成長します。

カルシウムが小魚や大豆製品など色々な食品にふくまれているのですが、葉酸はうなぎやレバー類と言った女性はあまり好まない上にレバー類に至っては葉酸が摂取出来る代わりに動物性のタンパク質も同時に摂取してしまうので発育を妨げたりします。

そこで葉酸はサプリで摂取することをおすすめします。そうすることで葉酸を効率的に摂取できます。葉酸は厚生労働省が勧めるほど妊婦にとって重要な栄養素なので確実に摂取しておきたいものです。

有名人の間で人気のビタミン、ミネラルサプリメント
《美的ヌーボ》

  • このエントリーをはてなブックマークに追加