今すぐチェック!

折りたたみ自転車

折りたたみは工具を使わず折りたためるママチャリのことです。そのため通常のママチャリにくらべ汎用性が高く電車の中にもって入ることもできます。

ママチャリを電車内の持ち込んでも大丈夫なのだろうか?と心配される人もいますが、JRとしては3辺の最大の和が、250センチメートル以内のもので、その重量が30キログラム以内のものを無料で車内に2個まで持ち込むことができる。とあるので折りたたみなら大丈夫になります。

そして車のトランクに入れて持ち運びができたり専用の袋に入れれば宿泊施設に持ち込むことも可能になります。また家の玄関に置くこともできるので盗難防止にもつながります。

ですがデメリットもあります、それは重量と値段です。折りたたみは構造上どうしてもフレーム等の強度がママチャリに比べ弱いのでそれを補うために色々とパーツがつけられています。

そのため通常のママチャリにくらべ重くなってしまいます。そのため女性が折りたたみを使うと重く感じてしまうことがあります。

また通常のママチャリにくらべ値段が高くなってしまいます。通常のママチャリに比べ1万円ほど高く、2万~3万円くらいになります。

中古自転車

そのようなこともあり中古の購入を検討する人も多いと思います。中古なら5千円くらいからのものもあるので、オトクかもしれません。

ですが、中古は保証関係があまり充実していなくて、購入直後にパンクしたと言っても有償で交換になったりします。

そのため、保証なども含めると新品を購入したほうが結果的にオトクになることが多いです。もしどうしても中古の購入を検討しているのなら、最低限ブレーキの効き具合とペダルを漕いだ時に異音がするかどうか、フレームの変形の有無などをチェックしてください。

これらがオカシイ時は購入はやめましょう。命に関わる危険が潜んでいるので・・・

そういった意味でも中古より新品を購入したほうがオトクになります。

電動自転車

若いころはママチャリを漕ぐのもあまり苦にはならないのですが、ある程度年配になると体力的な衰えで漕ぐのがしんどくなります。

そこで電動への乗り換えで自転車生活を快適にしましょう。実は電動も折りたたみも最低価格はほぼ同じです。

そのため、電動だからと言って高額なわけではないです。確かに高額なものもありますが・・・

また電動アシスト機能は基本的に24キロ以下をアシストするのでそれ以上のスピードで走行する人は折りたたみの方が良いです。

もし電動や折りたたみを購入するならイオン等でも良いのですが、日常生活で使い込むつもりなら、専門店での購入がベターです。



自転車館【Airbike】
大人気!電動自転車が な・ん・と 23,800円~販売中♪
購入後も安心♪5年間の安心修理保証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加