今すぐチェック!

社員旅行 税務

社員旅行の税務で気になるのは、旅行費の事ではないでしょうか。社員旅行は通常の旅行と同じく、旅費・宿泊費・雑費など意外と多く掛かります。

その旅行費ですが、企画・統括する幹事さんとしては社員旅行費が福利厚生になるかどうかは気になるところですよね。実は社員旅行費が福利厚生として認められるかどうかは、幾つか条件があるのです。社員旅行費が福利厚生として認められないと、従業員や役員への賞与等と同じ扱いになってしまいます。すると、別の賞与等と同じく税金が掛かってしまうのです。

せっかく会社側から社員へのサービスとして行われている福利厚生なのに、そこから税金が引かれてしまっては、旅行に行くとしても素直に楽しめなくなってしまいます。

条件としては旅行期間が4泊5日以内である事(滞在日数)従業員等の参加割合が50パーセント以上である事、会社負担の金額として妥当であるか(10万円程度が規定されています)。この3つの条件を満たす事で、社員旅行費は福利厚生として認められます。

なので、まとめれば、「4泊5日以内の旅行で、全社員の半分以上が参加し、費用は10万円程度」にする事に注意しておけば、満足な社員旅行になると言う事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加