今すぐチェック!

社員旅行 経費

社員旅行と言うと、会社内のリフレッシュと社員間の交流を兼ねたイベントの1つです。社員旅行を企画するのは、社長でも社員の1人でも構わないのですが、気になるところは旅行に掛かる費用が経費と認められるかどうかですよね。

経費に認めらなければ、それらを自腹で支払わねばならなくなってしまい、その旅費自体が従業員への賞与や役員賞与などになってしまいます。

そこで重要になってくるのが、社員旅行費を福利厚生費とする事です。旅行費を福利厚生費にする会社は少なくありません。せっかく旅行に行っても、税金を取られてしまっては、せっかくの旅行も嬉しさ半減ですよね。

旅行費を福利厚生とするには、以下の点に気をつけます。旅行期間が4泊5日以内である事、会社負担の旅費が社会通念上で一般的な額(10万円程度)を超過しない事、従業員等の参加割合が50パーセントを超える事です。

これらの条件を満たす事で、旅行費は福利厚生と認められます。

社員旅行 福利厚生費

福利厚生とは、つまりは給与以外の会社側から社員側へのサービスだと考えれば分かりやすいでしょうか。その代表的な1つが社員(慰安)旅行になります。

社員旅行が社会通念上、一般的であると認められる範囲であれば、これが福利厚生となり、それに掛かる費用が福利厚生費になります。

社員旅行費が福利厚生費として認められるには、幾つか条件があります。会社側からの支給が一般的な金額の範囲(10万円程度)である事、従業員の半分以上が参加する事、旅行期間が4泊5日以内である事などです。

慰安旅行は福利厚生と認められないと、従業員等への賞与と同じ扱いになってしまいます。賞与等になってしまうと、税金(所得税)が差し引かれてしまいます。

なので、世の幹事さんや社長さんは、慰安旅行を企画する時は、社員旅行費が福利厚生費として、認められるか認められないかが非常に重要になってくるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加