今すぐチェック!

社員旅行 英語

社員旅行と英語と言う単語を組み合わせて出来るのは、海外旅行ですよね。社員旅行も、国内であれば問題はありません。日本の企業で日本語が話せないと言う社員は、外国人労働者の一部だからです。

しかし、近年の社員旅行では旅行先が海外に指定される事も多々あります。そんな時、やはり一番の問題となってくるのは言語ですよね。

大企業等で、通訳する社員がいればそれ程問題はありません。通訳する社員が居ない場合であれば、海外旅行ではツアーを申し込むと良いでしょう。


JTB 海外旅行予約

添乗員が居るか居ないかで、訪問先の理解等も変わってきます。しかし、そんな時にさっと英語ができる社員が居たらどうでしょうか。

旅行に参加する側の一社員でも、事前に日常的な外国語等を取得しておけば、旅行先で大活躍できる事は間違いなしです。特に近年は外国語取得への敷居もかなり下がっていますので、独学や会社帰りに英会話教室にちょっと通うだけでも周囲からの評価はかなり変わってきます。訪問先の施設等の予習もしておけば、会社内でも一目置かれる事間違いなしです。

福利厚生 社員旅行

社員旅行の費用には2種類あります。福利厚生になるものとならないものです。これはいったいどのように違うのかと言うと、福利厚生とはつまり仕事をしていく上で給与以外に必要に応じて貰えるサービスの事です。

旅行もまた、雇用契約によって定められていれば、福利厚生と認められます。つまり会社側から社員へのサービスとなるのです。社員旅行は社員へのサービスのようなものになりますが、福利厚生と認められなければ、一般的な賞与等と同じ扱いとなってしまう事もあります。

そうすると、賞与等で差し引かれる税金と同じく、旅行の費用が税金として差し引かれてしまうのです。この旅行が福利厚生と認められるか否かは、条件によります。

大きくは滞在日数が4泊5日以内、社員の50パーセント以上が参加している、旅行費用が高額になりすぎない(10万円程度)。

これらの条件をクリアする事で、旅行費は福利厚生と認められます。なので、旅行を統括する幹事さんは、これらの条件に留意しながら社員旅行を企画する必要があるのです。

逆に言えば、これらを満たして旅行が完全な社員サービスになる事で、満足のいく社員旅行となるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加