今すぐチェック!

5大栄養素

タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルが一般的に五大栄養素と呼ばれています。まずタンパク質は肉類、卵、魚介類などに含まれています。

タンパク質は筋肉や臓器の構成成分となります。酵素、抗体やホルモンの原料ともなります。タンパク質が欠乏すると、体力や免疫力が低下します。

幼い頃にタンパク質が足りないと、成長傷害も起こす可能性があります。脂質は、生体成分の中で水に溶け難く有機溶媒に溶ける物を指します。

脂質はエネルギー貯蔵や皮膚の保護、生体膜の成分等、重要な役割を持っています。脂質の不足は血管や細胞膜の弱体化を引き起こします。

ダイエットで脂質を避けようとする人も多いですが、不足すると逆に肌荒れ等を起こして美容に悪くなってしまいます。

糖質とは、つまりは炭水化物の事です。身近ではご飯に含まれます。糖質は脳へのエネルギーにもなっており、これが不足すると脳へ悪影響も出ます。

ビタミンは、炭水化物、タンパク質、脂質以外の有機化合物の総称です。ビタミンは体内で生成する事ができない栄養素の1つです。しかし、不足すると様々な悪影響が出ます。身近なところでは口内炎もそれにあたります。

ミネラルは、有機物に含まれる元素以外に、生体に欠かせない元素です。ミネラルはビタミンと共に、不足する事で脳活動が低下して、うつ病を発症する事もあるようです。

五大栄養素は過剰摂取でも欠乏でも人体に悪影響が出る為、適切な量を摂取する事が重要になります。

3大栄養素

3大栄養素は、5大栄養素中のビタミン、ミネラルを抜いた3つの栄養素です。様々な栄養素の中で、特に身体活動に対して重要な割合を占めています。

3大栄養素は、炭水化物、タンパク質、脂質の3つです。

これら三大栄養素は身体活動だけでなく、成長等にも深く影響し、不足する事で疾患に掛かりやすくなったり、幼い頃に不足すると成長障害になったりします。

日本国内では滅多にない事ですが、発展途上国等で満足な食事ができない子供が栄養失調によって成長障害を引き起こしたり死亡したりする事例は少なくありません。

しかし、現代の日本のような裕福な国においては、栄養素が不足する事はかなり稀有な事で、逆に摂取しすぎて肥満などの生活習慣病を引き起こしてしまう要因にもなっています。

ダイエットにしても筋力トレーニングにしても、これら三大栄養素はバランス良く摂取する事が目標の1つともされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加