今すぐチェック!

LED ろうそく 回路

LEDの回路を利用して、ろうそくの火のように見せると言うのが、静かなブームとなっています。LEDを点灯させるには、回路を作成する必要があります。

回路の作成には、LED、電源、抵抗器(電流制限抵抗)が必要となります。更に点滅させるとなると、より多くの部品が必要です。LEDをろうそくの火のように見せるには、LEDキャンドルICと言うICチップも必要になります。

上記で作った回路に、この3本足のICチップを組み込むと、まるでろうそくの火のように揺らめいて見せる事ができます。LEDキャンドルICは、各メーカーによって使い方が異なる場合がありますので、使用の際は説明書やメーカーに問い合わせた方が、確実的な使い方ができます。

デザインとして、ディフューザーを付ける事で、よりろうそくの形に近づける事ができます。

カメヤマローソク

カメヤマローソクは、カメヤマ株式会社の神仏用ろうそく・線香のことです。従来のろうそくの使いやすさをそのままに、様々なタイプがあります。

一般的に植物蝋燭で、スス(油煙)が出難く、臭気も気にならないのが特徴になります。従来のろうそくだと、どうしても使用する事で部屋への汚れや臭いが気になりました。

しかし、カメヤマローソクなら安全・安心に使用する事ができます。また、創業から歴史があり、蝋燭の技術力の高さもかなりのものです。

バリエーションが非常に豊富で、燃焼時間や大きさや量を様々なタイプを取り揃えています。中には22時間も燃え続けるロングタイプもあります。カメヤマローソクを選ぶ利点に、上記の使用用途のみならず、パッケージやろうそく自体のデザインも秀逸です。

5色蝋燭等もあり、ただ単純にろうそくとして使うだけではなく、見て楽しむ事も充分可能です。また、カメヤマローソクはあくまで実用重視で、同社からは更に秀逸なデザインのろうそくが多数販売されています。

ろうそく イラスト

ろうそくのイラストは、ネット上でも多数公開されています。
FOTOSEARCHやCanStockPhotoと言ったイラストサイトが、人気があるようです。

FOTOSESRCHは写真や動画やイラスト素材を扱っているサイトになります。こちらのサイトでは、写真や動画やイラストの素材(ろうそくのイラスト等)を購入する事ができます。
FOTOSESRCHはこちら⇒https://www.fotosearch.jp/

トップページからアカウントを取得し、好きな素材をカートに入れて購入します。支払いはビザカードやマスターカードなど、カードで支払うようになっていますので、面倒な手続きは必要ありません。

そして何と言っても、このサイトの素材は、ロイヤリティフリーの物が多くあります。著作権フリー、つまり商用などで使用できる素材と言う事になります。

ただ、登録されている素材はFOTOSEARCHが一括して作成している物ではないので、作成元に著作権に関しては問い合わせてから使用します。

CanStockPhotoもまたろうそくなどのイラスト素材を購入できるサイトです。

CanStockPhotoはこちら⇒https://www.canstockphoto.jp/

カード払いですので、手間要らずになっています。FOTOSEARCH」もロイヤリティフリーの素材販売サイトですが、CanStockPhotoは全ての素材がサイトで作られています。

なので、著作権確認の手間ではこちらの方が一歩先んじます。ロイヤリティフリーは近年流行の形態で、商用利用が可能なので企業等でも頻繁に使用されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加